まぁ一本、まぁ一本と、たいがいにしとかなあかんよ

「大人になりきれないタイプ。ふだんは冷静な、しっかりしたような顔をしているけど、奥の方に無邪気さが残っている女性のような。」

「どしんと叱られるようだけれども、最終的には包容力のある、田舎のお母さんのよう。」

「すこしつり目で、クールだといわれるけれど。実は面倒見がいいんです。」

ワインの形容にもいろいろあるのだ。
代々木八幡のmimetさん。
(キッシュがとてつもなかった。)

タンニンが、チェリーが、というのもわかりやすいかもしれないけれど、遊び心とかニュアンスというのもおいしくしてくれるのだと思った。

その比喩が聞きたいがために、まぁ一本、まぁ一本と、あかんわ、うますぎるもん。

image

 

 

 

 

 
Shingo Kurono

□ ANOTHER STORY

SHINGO KURONO

鉛筆彫刻人シロイ

MASAKO TAKANO

Fumiyoshi