選択と集中ができない男

僕は誰も出会ったことのない体験に飢えている。

例えばなんだろうと考えたが、口に出した瞬間に陳腐になりそうだ。
僕にとって特別な体験が、他の誰かに当てはまるかなんてわからない。
ペルソナ設定して架空の人間を作り出しても実際そんな人にはなかなか出会えないものだ。
それなら自分がユーモアと思えることを突き詰めたい。
それも1つや2つではない。生きてる間にどれだけできるだろう。

僕はあれもこれもしたがる。
ビジネスで言えば「選択と集中ができない男」である。
もしくは「フルコミットができてない男」である。

捻くれ者なのでそんな風に言われると嬉しくなる。
世の中をユーモアにする。みんながハッピーに感じる新しい体験を作り出す。
そんな科学実験がずっと続けられればこれ以上幸せなことはないなと思う。

perfect
写真はMAHOTIMの作品

□ ANOTHER STORY

Saki Nakui

SHINGO KURONO

SHINGO KURONO

KIKUSUI