「東京に戻ってくると、ほっとするんだよね。」
と昔友人が言っていた。

地元に帰って、東京に戻る電車のなかで、だいたいくるりの「東京」を聞きながらセンチメンタルに浸りながら帰る、というのが僕の恒例の儀式のようなものだった。

昨日和歌山から戻り、あっという間に飛行機は羽田に着いて、渋谷で乗り換える。
渋谷の人ごみに圧倒されて、あぁ、僕はまだ慣れていないのかもしれない、と思う。

それでも三軒茶屋について、茶沢通りの行きつけの居酒屋の前を通る時に、
「しんごちゃん!いっぱいやって行きなよ!」
と道の向こうから大声で呼ばれた時に、あぁ、いい街だなぁ、と思った。

Shingo Kurono

□ ANOTHER STORY

HOMARE YOSHIZAKI

Saki Nakui

SHINGO KURONO

YOSUKE KERA