隠岐諸島・西ノ島へGO! ① #56

みなさまこんにちは。新年度ですね!いかがお過ごしでしょうか?

隠岐諸島・西ノ島へ行ってきました

確定申告やら、年度末のあれやこれやをすべて忘れ、絶景に囲まれた3日間。

いやー、すばらしかった!!

どれだけすばらしかったか、写真とともにみなさまにお届けしたいと思います。

今回行ってきたのは、島根県の離島、隠岐島

歴史の授業で習った、あの後醍醐天皇が島流しされた島です。

火山活動によって誕生した隠岐諸島

およそ600万年前、火山活動によって誕生した隠岐諸島は、氷河期の海面低下で本土と陸続きになり、やがて温暖化で海面が上昇すると再び本土と切り離され、現在の形状になっているんだそうです。

がけ崩れ、波による浸食が長年積み重なり、切り立った崖から見える壮大な地層、長い年月をかけて作り出された、「自然の彫刻」とも言われるそのダイナミックな景観はユネスコ世界ジオパークに認定されています。

いくつかの島から成る隠岐島、今回は西ノ島に3泊しました。

今、この記事を書きながら、「そういえば、後醍醐天皇は、隠岐島の中のどの島に流されたのかな?」と調べてみたら

後醍醐天皇脱出ツアー」というのを見つけてしまい、また行きたくなっています!笑

せっかくなので一部抜粋しましょう。

●絶体絶命!古(いにしえ)の脱出ルートを追体験しよう

鎌倉時代末期。何度となく倒幕を試み、そのたびに失敗を重ねた後醍醐天皇。天皇の身でありながら、当時としては死に等しい「流刑」となりました。配流の地となったのが、ここ、隠岐の西ノ島です。
流刑から1年後、後醍醐天皇は決死の覚悟で島からの脱出を決行。京都まで戻り、足利尊氏らとともに、一気に鎌倉幕府を倒したのが今から約700年前の出来事です。
そんな日本の歴史を大きく変えた脱出劇を追体験できるのが「後醍醐天皇脱出ツアー」。・・・(続く)

引用: 西ノ島「後醍醐天皇脱出ツアー」|遊び・体験|隠岐の島旅

こんなツアーを地元のタクシー会社が主催しているようです。おもしろい!

さて、いきなり脱線してしまいましたが、今回私が西ノ島に行ってきたのは、世界ジオパークの絶景を見ることと、ここでしか味わえないアクティビティのためです。

西ノ島でドローンを飛ばせ!

初日は、ドローンフライトツアーに行きました。

西ノ島町観光協会主催の「ニシノシマ・ドローンフライトツアー」

本格的なドローンで、絶景の空撮に挑戦です!

集合時間に観光協会に行くと、サイトに載っていたスタッフさんが出迎えてくれました。

まずは、観光協会で座学の時間。取り扱いや注意点を教わり、いよいよ屋外での実践です。

駐車場で練習!

手元の液晶で確認するか、はたまた実物を肉眼で追い続けるか・・・。場面に応じた使い分けが肝のようです。マンツーマンでバッチリ教えていただき、離陸、着陸を練習し、ついに絶景スポットへ繰り出します。

国賀海岸にある「摩天崖」という崖と「通天橋」が見えます。こちらが「通天橋」!

もともと洞窟だったところが海蝕作用で周辺が崩落したりして、アーチ状に残ったんだそうです。

かっこいいー-!!これをどこからどう撮影しようか妄想がふくらみます。

 

今回は、他の参加者の方に許可をいただき、写真を掲載させていてだいています。

小学生でも上手に飛ばしていました!

ヘリポートから出発!

 

上空50メートル!

風にあおられたり、遠くに行き過ぎると見失ってしまったりしたけれど、スタッフさんがずっと一緒に見ていてくれるので、ドローンが行方不明になることもなく、無事に楽しく終えることができました。

ここまで流れを追ったら、空撮した動画で締めるしかないですよね?

しかし・・・!正直間のびした動画なんです!素人が撮っても素材がいいので美しいんですが、最後はこのツアーの動画で締めたいと思います。ウキウキすること間違いなし!

そして次回に続きます。

□ ANOTHER STORY

SHINGO KURONO

SHINGO KURONO

machiko-machikado

Saki Nakui