ローダーの表現を追求する「ローダーズ」さんの個展へ

こんにちは、名久井咲です。

今回は渋谷ヒカリエのギャラリーで展示されていた「ローダーズ」さんの個展に行ってきたお話をしていきたいと思います。

「ローダーズ」さんの個展


ローダーはWebサイトやアプリなどのローディング画面などで表示されるアイコンのことですが、そのローダーをテーマにした作品が展示してありました。

「ローダーズ」は、データの読み込み中に現れるローダーを、新たな表現の領域へと導く作品展示です。ローダーは、待機を示す手法として知られ、単調なアニメーションを通じて、未来への期待感を演出し、時間の流れに介入します。この展示では、異なるグラフィック要素にアニメーションと音楽を融合させ、ローダーの可能性をさらに深掘りしました。

引用:8/02/CUBE/ローダーズ
https://www.hikarie8.com/cube/2023/09/post-126.shtml


ネオン風のポップでキャッチーな作品が展示されていました。
様々なパターンとカラーがループして光ってます。


画面越しの作品には、グラフィックに合わせた音がそれぞれ付いていました。
NFTでも販売しているようです。


プロジェクターで壁に大きく描かれていました。
無機質だけれどカラフルでポップな、ループした作品は汎用性も高そうな作品で、良いなと思いました。

こういった個展に行ったのは久しぶりでしたが、アーティストそれぞれの感性に触れることができて、たまに行くと楽しいですね。

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するデザイナー、クリエイター。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作など。
オリジナルキャラクターのLINEスタンプやグッズも販売。
プロジェクションマッピング : https://nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://store.line.me/stickershop/author/1662
オリジナルグッズ: https://nakuisaki.booth.pm
=======================

□ ANOTHER STORY

TOGARI

machiko-machikado

tomoaki-murano

Yutaka Yanabu