• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

WHITE

美術館に入ったときに、思わず深呼吸してしまった経験はきっと誰にでもあると思う。息を呑む、という表現がとてもしっくりくる感じ。

白い大きな壁にレイアウトされた額縁やキャンバス。展示してあるアートワークも重要だと思うけど、あの空間に入って、一瞬時が止まったような感覚になるのが好きだ。

それで、なんとなく「white」と画像検索してみた。

普段はこれでもかというばかりにたくさんの画像が並ぶ画面が、真っ白い四角で埋め尽くされていた。

読み込みが遅いのじゃないかとちょっと戸惑った。

そしてこれを書いている半蔵門線の車内で、財布を忘れたことに気づいた。
画面も頭も真っ白だ。

パスモに入った2千いくらかでなんとかするしかない。

image

Shingo Kurono