tomoaki-murano

村野 友明 / Tomoaki Murano 家具・インテリア会社「Rigna」事業部長兼執行責任者。 / 1979年千葉県生まれ。専修大学商学部卒業後、個人投資向け営業会社に入社。大塚家具へ転職し個人、法人のインテリア提案、家具設計業務に付帯。その後デザイン注文住宅設計事務所フリーダムアーキテクツデザインに入社。不動産及びファイナンスのコンサルタントとして従事した後、オンラインでのインテリア相談・コーディネートサービス「HelloInterior」を共同創業。その後現職に至る。富裕層・著名人顧客を多数持ち、オンライン・オフライン合わせて3,500件を超えるインテリア相談・コーディネートを対応。ミッションは「インテリア業界をアップデートする」。インテリア、建築、サーフィン、ゴルフ、音楽をこよなく愛する。バンタンデザイン研究所空間デザイン科卒業。

リグナの村野です。〜自己紹介その2〜

こんにちは!リグナの村野です

今回は前回の自己紹介記事の続きで「自己紹介第二弾」です!

10カ月間の海坊主(サーフィンばっかりやってたので)フリーター生活にピリオドを打ち、、、。

いよいよ僕のインテリア人生がスタートすることになります!

大塚家具へ入社

かの有名な、天下の大塚家具へ入社する事になります。

大塚家具では約12年お世話になり、インテリアのイロハから家具の設計まで、多岐に渡り学ばせてい

ただきました。

色んなテイストのインテリアをやってきたなぁ。。。

僕が関わった仕事をザックリ言えば…

・個人邸のインテリアコーディネート
・法人系のインテリアコーディネート
・社内VMD
・B to B to Cの法人営業
・法人案件の家具設計

まぁ、箇条書きするとこんな感じ。多分、大塚家具の歴史の中でも、僕ほどマルチな経験をした人は恐らくいないはず…です。

 

家具の設計図は本当に難しかった。。。

 

では何故、大塚家具を辞めたのか。
ご存知の方も多いと思いますが、ワイドショーを騒がせた

御家騒動

が原因です。

あまり深い話はしませんが、給与面でかなり厳しくなったのが一番の理由。当時は結婚したばかりでマンションも購入したての頃でした(20%位下がったのですよ、、、、)。

そんな中、

新しい事に挑戦したい!

と意気揚々と色んな会社を受け、最終的に決めたのが、、、、

デザイン注文住宅では日本一の棟数を誇る

「フリーダム アーキテクツデザイン」に入社。

 

ここで不動産仲介、住宅ローンなどのコンサルタントをやる事に。

不動産の知識も、住宅ローンの知識もかなり弱い僕にとっては、ほぼ新卒の気持ち。ただ、接客や営業はかなりやってきたのでそこは自信がありました。

とはいえ、大塚家具でのキャリアをある意味捨てて一から覚える仕事はなかなかのストレス…それでもやれたのは、当時一番お世話にやった直属の部長のおかげです。さすがにお客様に送るメールまで一つ一つチェックしてもらうのは、いろいろと大変だったけど。

注文住宅の住宅ローンって無茶苦茶ややこしいんですよ。内容によっては着工から一年以上先の竣工も多くあるので(これの何がややこしかは、伝わらないですよね、、、)。

お陰様で新築住宅用の住宅ローンについてはかなり詳しくなりました。かなりややこしい案件をやってきたので(ここでは絶対に書けないディープなやつ)。

これから新築マンションや新築戸建てを検討されている方は、ご相談に乗りますよ!
もちろん有料でね!そんな中、やっぱり僕は

インテリアの仕事がしたい!

という思いと、自分でサービスを作りたいという思いがあり、またまた行動に出ます。

ここで僕と友人で創業した

株式会社Hello Interior

に繋がります。

大塚家具を辞めて半年の出来事。ここから僕の人生がより大きく動く事になります。

今回はここまで。

次回は自己紹介最終章

事業を友人とスタートし現在のリグナに入るまで。そこそこ紆余曲折あるので、面白いはず?