tomoaki-murano

村野 友明 / Tomoaki Murano 家具・インテリア会社「Rigna」事業部長兼執行責任者。 / 1979年千葉県生まれ。専修大学商学部卒業後、個人投資向け営業会社に入社。大塚家具へ転職し個人、法人のインテリア提案、家具設計業務に付帯。その後デザイン注文住宅設計事務所フリーダムアーキテクツデザインに入社。不動産及びファイナンスのコンサルタントとして従事した後、オンラインでのインテリア相談・コーディネートサービス「HelloInterior」を共同創業。その後現職に至る。富裕層・著名人顧客を多数持ち、オンライン・オフライン合わせて3,500件を超えるインテリア相談・コーディネートを対応。ミッションは「インテリア業界をアップデートする」。インテリア、建築、サーフィン、ゴルフ、音楽をこよなく愛する。バンタンデザイン研究所空間デザイン科卒業。

リグナ村野のSNS活用法

こんにちは!リグナの村野です。

最近、必死にInstagramを頑張っているのですが、なかなか実績に繋がらず日々もがいております。

いゃあ、本当に難しい…。

今日はそんなSNSのお話しを少しだけ。

今僕が普段連絡取っている人の過半数以上(職場の人を除きます)がInstagram、twitter、facebookからの繋がりの人です。特にこの一年で格段に増えてきています。

REPLACEMENTというインテリアチームのメンバーのと出会いもキッカケはtwitter

元々大好きだったアーティストのanja

Instagramでフォローしていたら、フォローバックしてくださり、DMでもやり取りする関係に

Instagram活用

Instagramの場合は、投稿やストーリーズに上げる時、相手をメンションするとその方からリアクションが貰えることが多い。

憧れのあの人とからリアクションが欲しい!と思われる場合、相手に迷惑のかからないようにやってみるのはオススメです。

いゃあ、SNSってすごい・・・・

Instagramで繋がったFINTYというインテリアチームのお二人。お一人の方と僕が地元が一緒で仲良くなるという…

clubhouseがきっかけの繋がりも

少し前はclubhouseを頻繁にやっていて、そこでインテリア界隈の方々と繋がったり、Instagramでフォローしてくださっている方も、clubhouseがキッカケだったりとSNSを跨いで繋がりができています。今はインテリア関連の方々と繋がりを増やすべくInstagramに力を入れています。

Instagramきっかけでお会いして話すことも多くあり、周りの友達からは「SNSナンパ」とも言われております笑(若いインテリア関連の女性との繋がりが多いからでしょうか…)

いゃあ、SNSってすごい・・・・

チャネルの属性と使い分けを意識してみよう

どのSNSに力を入れるかは人それぞれですが、出来るなら複数のチャネルで発信するのは良いと思います。チャネルによりその属性も変わりますし、機能も違う。マルチに使う事で相乗効果も生まれます。
(僕の場合は、clubhouseからインスタに繋がった事が多かった)マルチにSNSを使う方にはオススメです!

どのSNSも基本的にはURLが一つは貼れるようになっています。

とはいえ、自分のHPをもっているわけでもないと、何を貼れば良いか悩ましいところ。

そんな時に僕がオススメするのがこのlit.link

UI、UXの良さもさながらオススメポイントはSNSのリンクを綺麗にまとめられる事。このページにまとめておけば、色んなチャネルに簡単にいけるのです

https://lit.link/muranotomoaki

SNS発信で注意したいこと

ただし!

当たり前の事ですが、発信の際は

「これは自分にとっても、見る人にとっても意味のあるものなのか」

と振り返ってから慎重に対応してくださいね。当たり前のことだけど、それが一番大事。
その一つの投稿が思わぬ形で拡散されて、デジタルタトゥーと言われる状態になりかねない。
簡単に発信出来るからこそ、良い点も悪い点も表裏一体なのです。

投稿する前に一度画面から目を離して、

「この投稿は本当にSNSにあげるべき内容なのか?」

と冷静になって判断をしましょう。
一度拡散されたら、全てを消すのは不可能です。自分や自分の周りを守るためにしっかりとした判断しながらSNSを楽しんでいきたいですね!

いゃあ、SNSって本当にすごい・・・・