• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

サンドイッチ

僕はサンドイッチというものが好きで、
小さいころにおかんと近所の食品店に歩いてサンドイッチ用のパンを買いに行き、サンドイッチを作ったということをよく覚えている。

そして残った耳の部分は揚げてお菓子にしてくれていた。

「今日のお昼何にする?」
と言われればだいたいサンドイッチだった気がする。

そのサンドイッチのお供がイチゴミルクからカフェオレになって、ブラックコーヒーになった。

パリにいた時も昼食はだいたい硬いフランスパンのサンドイッチだった。
今ではコンビニに行けば所狭しとサンドイッチが並んでいる。

パンと、間に挟む何かを準備して、包丁を熱してサンドイッチを作りたいなぁとふと思った。

Shingo KURONO