• YUTAKA YANABU

    ◉柳父豊(ヤナブユタカ) 1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。2014年にお洒落賃貸不動産『R-STORE』や泊まれる本屋『BOOK AND BED Tokyo』などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー『ZIP CODE Tokyo』を共同代表として立ち上げる。2018年より『WASH&FOLD』を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。 「これで良いではなく、これが良い」という審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士《モダンジェントルマン》になるべく紳士道を追求中。 ▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/

モダンジェントルマンの持つべき心得4つ!

こんにちは、柳父豊です。

“紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を起業した時から僕のあだ名は“紳士”。笑

まだ未熟者ゆえ紳士道を歩む身ではありますが、読者モデル時代から若き紳士のような表現をして頂いておりました。

ところで、紳士という言葉は時代によって意味が変わってきた事を知っていますか?

ブログで以前もお伝えしましたが、イギリスの社会変化に伴って変化してきているのです。元々は働かないようなレベルの支配階級の人達だったとは、今の使われ方からだと想像つかないですよね。

だから、僕はZIP CODE Tokyoを立上げる際に“現代の紳士”=モダンジェントルマンを定義してみました。

モダンジェントルマンの心得4つ!

①上品で知性に溢れている

品や知性がその人を作ります。僕の好きな映画の一言に「Manners maketh man」という言葉が使われます。オックスフォート大学創始者の言葉だそうですがまさにその通りだと思います。
※makethは古い表現だそうです

②自分の美学・スタイルを持っている

情報過大の現代において何が大切か。それは自分で良いと決められる審美眼があるかどうか。流行りや周りの意見ではなく自分は何が良いのか。自分の美学やスタイルを持つことが紳士には大切です。

③TPOに合わせて洗練された装いができる

ファッションが大好きな人にあるのが、自分の好きな服装をどこでもしてくる人。確かにそのコーディネートだけ見ると素敵なのですが、TPOにあってなければ周りからの目線は痛いものに…。

ドレスもカジュアルもきちんとTPOに合わせて着こなせる人が真のファッショニスタであり、お洒落であり、何より紳士だと思います。

④遊び心を持っている

これはかなり自分の観点かも知れませんが、大人になるほど遊び心が大切だと思います。真面目なだけの男性を僕は魅力的に思いません。

ユーモアや遊び心がある方に余裕を感じますし、人間力を感じます。紳士は上品でありながらいつまでも遊び心があるから魅力的な紳士であると思います。

いかがでしょうか?
僕が思うモダンジェントルマンの4つの大切なポイント。

精神だけでも、見た目だけでもダメで両方揃ってこその紳士。
僕はダニエルクレイグのジェームズボンドが大好きで憧れです。
紳士が古い言葉のようなニュアンスにならないように、日本にも紳士を沢山増やしたいですね~!

僕自身も紳士道を追求して行きます!

===============================
◉柳父豊(ヤナブユタカ)
1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。2014年にお洒落賃貸不動産『R-STORE』や泊まれる本屋『BOOK AND BED Tokyo』などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー『ZIP CODE Tokyo』を共同代表として立ち上げる。2018年より『WASH&FOLD』を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。
これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は『情熱と欲望と美学』で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士《モダンジェントルマン》になるべく紳士道を追求中。
▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/
===============================