柳父 豊(ヤナブ ユタカ)

1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。転職で、お洒落賃貸不動産「R-STORE」や“泊まれる本屋”「BOOK AND BED Tokyo」などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として立ち上げる。 2018年より「WASH&FOLD」を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。 これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は『情熱と欲望と美学』で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士“モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。 ▶︎Instagram @yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/

ポテンシャルよりも想いが勝つ

今のうちに自分のポテンシャルを理解して、それを活かして頑張らないとダメですよね!
先日若いビジネスマンと話していた時に出た言葉があった。
果たしてそうだろうか?

キャリアという長期戦では、ポテンシャルより「想い」が重要

意気込んでいる若者に水を差すのもなんだと思い、その場では言わなかったが僕は違うと思う。
多少のポテンシャルよりも想いが大切だと思うし、想いこそが成功の要因になる。

確かに中学の時のバスケットボールの選抜の経験も、大学受験などもポテンシャルが大きく左右すると思う時もあった。
しかし、それは短期的な目標に対してであり、ビジネスマンのキャリアや人生といった長いスパンの戦いではポテンシャルよりも想いが左右する。

まだ29年しか生きていないし、社会人としても6年目をやっと終えようとしている僕が結論づけるには早いと批判を受けそうだが、現時点での実体験や先輩を見ていてもそう自信を持って言える。

学生時代に起業などに関心が高く、難しい横文字と(当時は)感じる言葉を使う人たちに対して同じ学生とは思えず、凄い、自分にはなれないと思っていた。
では、今そういった“小利口”な人たちがどうなったか?

ほとんどの人は、その時代の自分を過去の輝いていた時代の思い出としている。
つまり、志は薄れ、行動もしていない大多数の人になっているのではないだろか。

想いを持ち続け行動する

若い時や新卒入社時に、優秀だと思う人を見て感じる自分との差なんか関係ない。

今、僕の周りでキャリアを歩んでる人も、起業を実際にしている人も、成功の道を歩んでいる先輩も、みんな想いを持ち続けて行動している人たちだ。

昔、就活の時にあんなにいた志の高い人たちはほとんどいなくなってしまった。
悲しいかなこれは社会人6年目のまだ20代の実態である。

ポテンシャルよりも想いが勝つ。
凡人の僕が証明したいと思う。

想いを持った仲間たち

—————————————————————
【柳父豊(ヤナブユタカ)】
1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。転職で、お洒落賃貸不動産「R-STORE」や“泊まれる本屋”「BOOK AND BED Tokyo」などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として立ち上げる。
2018年より「WASH&FOLD」を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。
これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は『情熱と欲望と美学』で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士“モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。
▶︎Instagram @yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/
—————————————————————