柳父 豊/Yutaka Yanabu

1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。その後、お洒落賃貸不動産「R-STORE」で会社員として働きながら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として起業する。そして、日本初の洗濯代行ビジネスを行う「WASH&FOLD」にて社長室室長として全ての部署を横断的にマネジメントを経験する。現在は日本最大級の家具・インテリア ECサイト「Rigna(リグナ)を軸にアクセサリーショップ「BOX CHARM Industry」などを運営するリグナ株式会社に入社し社長室室長として従事する。 これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」。ファッション、インテリア、音楽をこよなく愛する。現代の紳士“モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。 【Instagram】@yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/

世界中に噂されよ!「RUMOR ME(ルーモア・ミー)」とは?

「RUMOR ME」とは?

“DON’T RUMOR,BE RUMORED=RUMOR ME”
噂する側ではなく「噂される人になれ」という意味。
VOGUEやGQを手がけるコンデナスト社が立ち上げる新しいメディアです。
Lady Gagaは2011年にGoogle社のマリッサ・メイヤー氏とのトークショーで「高校の頃、友達はみんなGoogleで働きたがっていたけど、私はGoogleで検索される人になりたかった」と言ったそうです。

コンデナント社はソーシャルメディア時代の現代において、ソーシャルメディア上で噂する側ではなく、噂される側になるクリエイティブインフルエンサーを創出することを目的にRUMOR MEを立ち上げました。

Z世代をリードするクリエイティブインフルエンサー

1990年代後半から2000年代生まれの世代を「Z世代」と呼びます。
1980年代から2000年代初頭に生まれた人たちを指す「ミレニアル世代」の次の世代という位置づけになります。

僕は1989年生まれなのでミレニアル世代ど真ん中。
日本だとゆとり世代とも言われる世代になります。
デジタルネイティブの世代も言われ、以前は価値観の異なる世代と言われています。
ライフスタイルなども多く情報に触れてきた僕たちはそれ以前の方と比べると違うそうです。
僕自身は昭和世代っぽいと言われることが多いのですが・・・。

RUMOR MEは成長し続けるSNS市場に注目し、新時代を担うZ世代に向けたメディアとなっています。
このSNS時代を作っていく彼らに対して「Don’t rumor, Be rumored.(世界中に噂されよ)」をコンセプトとしてローンチされました。

SNSの成長が続きインフルエンサーマーケティングのニーズが高まるにつれ、フォロワー数やエンゲージメント率などの数字的指標だけでなく、オーディエンスを魅了するクリエイティビティが求められる時代に変化しつつあるので、クリエイティブインフルエンサーと表現しています。

より詳細の情報は是非ホームページをご覧頂ければと思います。
https://rumorme.jp/

完全招待制のレセプションパーティー。モデルのトーマと

ファッションピープルな友達たちと

GQ編集長の鈴木さんと

ミレニアル世代は仕掛ける側に!

Z世代と呼ばれる新しい世代が台頭してくる中、僕たちミレニアム世代はターゲットにされた立場から、ターゲットに向けて仕掛けて行く側になる必要があると思います。

僕自身も上の世代が作ってきた(仕掛けてきた)カルチャーに熱狂し育ちました。
そして、今僕たちはZ世代に向けて仕掛ける側になる立場になったのだと思います。

日本ではゆとり世代と言われてバカにされることが他の世代よりも多い世代。
ファッション業界でも音楽業界でも上の世代が未だに最前線で活躍するなか(DJやスタイリストやカメラマンの友達をみていると本当に感じる)、僕たち世代がどう今後社会にアティチュードを示し、行動してくのか。

社会に対して自分は何が出来るだろうか?と考えるようになった僕も、30代は全力でチャレンジして行きたいと思います。
※今年の夏に30歳になります。ミレニアル世代のみんな頑張ろう!