柳父 豊/Yutaka Yanabu

EC家具・インテリア会社『Rigna/リグナ』取締役社長 / 1989年⼤阪府⽣まれ。⽴命館⼤学の建築学科卒業後、内装系の⼤⼿上場企業に⼊社。不動産ベンチャーに転職後、会社員をしながら副業で”紳⼠の社交場”をコンセプトした移動式のミュージックバー「ZIPCODE Tokyo」を起業する。その後、家事代行ベンチャーで社⻑室室⻑として経営に携わる。2019年8⽉にリグナに社長室室長として⼊社し、2020年2月より現職。 “情熱と欲望と美学”が信念。カルチャーを創り情緒的価値を生み出すことが目標。ファッション、インテリア、音楽をこよなく愛する。

鎌倉シャツ発イージーケアシャツ「TRAVELER」に大注目!

忙しいビジネスマンにとって自宅でのアイロンは中々煩わしいもの。
アイロン自体は紳士の嗜みだし、僕はそもそもアイロンが好きだ。
とはいえ、普段は”time is money”アイロンに取られてしまうのは勿体ない…。

そこで助かるのがビジネスマンの強い味方”Non Iron”(形状記憶やイージーケアとも呼ばれる)のワイシャツ。
紳士たるものシャツは天然繊維100%じゃないと邪道だ!と仰る方の気持ちもわからなくもないが都会的なのは機能性思考である。
そんなイージーケアシャツで大注目して頂きたいワイシャツを見つけた!

鎌倉シャツ初のイージーケアシャツが「TRAVELER」!

画像出典: HPより

鎌倉シャツから最高水準コスパのイージーケアシャツが初めて発売された。
これまで鎌倉シャツでは綿素材などにこだわり化繊素材のシャツはなかったのだ。
とうとう鎌倉シャツが出したか!というのが僕の感想。
品切れが続いていたが、ついに手に入れることができた。

流石は世界の鎌倉シャツのクオリティ!

流石は日本が誇る鎌倉シャツさん。繊維のこだわりが半端じゃない。

“原料を世界中から集め吟味した結果、白さや光沢感、膨らみや肌触りのバランスを考え
コットンでポリエステルを包んだ、鎌倉シャツ独自の糸が完成した。”(HPより抜粋)

なんと肌触りのためにポリをコットンで包んでいるなんて…。
素晴らしい!
ちなみに紡績糸『パルパープレミアム/PALPA PREMIUM』という糸だそう。
その着心地はかなり綿100%のシャツに近い(これまでの世の中にある化繊シャツとは全く違う!)。
僕はインナーに下着は着ない主義なので良く分かる。

そして肝心のイージーケアの機能性は?という点。
こちらも抜群でした。

ときどき、イージーケアと言いつつもアイロンなしには着れないシャツも世の中にはありますが、本当にアイロンがなくても着れました(勿論アイロンをあてなくても着れる程度であって、アイロンを当てたほうが綺麗にはなりますよ?)。
本当に仕事でも十分アイロンなしで着れるシワなし具合。
これは本当に有り難い!

そして鎌倉シャツといえばコスパ。
こちらのシャツもなんと6,900円(税抜)・・・。
え?2万円しないの?
え!?1万円切るの!?
もう流石としか言えません。

紳士・ビジネスマンの皆様、これは本当にマストバイアイテムですよ!
本当に楽に着れる、美しいドレスシャツです!
是非ホームページチェックしてみてください。
※1点だけ僕が気になる点は胸ポケット。やっぱり胸ポケットはなしが良い・・・。

【鎌倉シャツ「TRAVELER」】http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/traveler_palpa.aspx