名久井 咲

1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。 主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、web制作、映像制作による広告デザイン。オリジナルキャラクター「さくらいろのうさぎ」を始めとしたLINEタンプも販売中。  ◆ HP:https://nakuisaki.info 

広島でのプロジェクションマッピング&レーザーマッピング

こんにちは、名久井咲です。
お盆休みいかがお過ごしでしたか?
私はお盆中、広島と福岡でプロジェクションマッピングのお仕事でした。

今回は広島でのプロジェクションマッピング&レーザーマッピングについてお話いていきたいと思います。

フジグラン神辺でのプロジェクションマッピングとレーザーマッピング

フジグラン神辺の店舗壁面に、プロジェクションマッピングとレーザーマッピングを実地しました。
プロジェクター2台と、レーザー4台を使用しています。

フジグラン神辺でのイベントは、ありがたいことに今年で二回目になります。
やはり仕事として、リピートしていただけるのはとても嬉しいです。

今回のスタッフは、私を含めたトータル3名で、制作からオペレーション、設営まで実地しました。
途中からアナウンスをしてくれるスタッフが来てくれました!

今回のテーマは、広島県福山市の花「バラ」

今回のプロジェクションマッピングとレーザーマッピングのテーマは、広島県福山市の花、「バラ」でした。

そこで、なぜ福山市の花がバラなのかの歴史を、色々と調べてみるところからはじめました。

調べなくても作れはしますが、テーマやコンセプトを頂いた時に、まずなぜそれがテーマになっているのかや、どのような背景があるのかを知るのは、制作する上でとても大事だと思います。

調べてから制作することで、現地に行った時にも、街の見方が変わります。いたるところにバラが咲いていて、品種も書いてあって、あらゆるロゴやモチーフがバラになっていることに気づけました。

制作している上で、クライアントさんへコンセプトの説明をするしない関係なく、自分の中でコンセプトがあると、一貫性ができると思います。

今回のコンテンツ内容は「バラ」「海と魚」「花火」

投影面の関係上、あまりプロジェクションマッピング特有の3Dが効果的にでないため、今回はテーマである「バラ」、夏らしくて子ども受けの良い「海と魚」、お盆時期らしい「花火」の三構成にしました。
レーザーでプロジェクションマッピングのコンテンツにプラスαするシーン、レーザーのアニメーションを見せるシーン、レーザーの光を見せるシーンをそれぞれ作っていきました。

さいごに

屋外でイベントをしていると、幅広い層の方々が見てくださるので、それぞれの反応が見れてとても嬉しです。
また、普段の買い物する場所が、少しでも非日常的になってくれたら嬉しいと思いました。

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作による広告デザイン。
うさぎやねこのキャラクターのLINEタンプも販売中。

HP : www.nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://store.line.me/stickershop/author/1662
オリジナルグッズ: https://www.pixiv.net/fanbox/creator/2065501/shop

=======================