名久井 咲

1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。 主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、web制作、映像制作による広告デザイン。オリジナルキャラクター「さくらいろのうさぎ」を始めとしたLINEタンプも販売中。  ◆ HP:https://nakuisaki.info 

DESIGNART TOKYO 2019の「THE NATURE OF TIME」を見てきました

こんにちは、名久井咲です。

10月18日(金)から27日(日)まで開催の、東京の街を彩るデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2019」でプロジェクションマッピングの技術を使った作品、「THE NATURE OF TIME」を見てきました。

「DESIGNART TOKYO」とは

DESIGNART(デザイナート)は2017年から始まった、毎年秋に開催されるデザイン&アートフェスティバル。ジャンルの垣根を超え、デザインとアートを横断するモノやコトの素晴らしさが、発信・共有されています。開催場所は、表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木、新宿、銀座と広範囲にわたり、各展示を回遊しながら街歩きも楽しめます。

世界屈指のミックスカルチャー都市である東京に、世界中からアート、デザイン、インテリア、ファッション、フードなどさまざまなジャンルのモノやコトが集結し、東京の街全体がデザイン&アートミュージアムになる10日間です。

参考: http://designart.jp/designarttokyo2019/

Grand Seiko THE NATURE OF TIME 東京展 at Jing 1F

本展は、2019年ミラノデザインウィークで公開された「THE NATURE OF TIME」の東京展。
ここでは「NATURE」という言葉が持つ二つの意味―「自然」と「本質」をすべての営みが自然の一部であるとする日本ならではの時間意識と、グランドセイコーが常に追求してきた時の本質と捉えました。クリエーターにはコンテンポラリーデザインスタジオのwe+とCGディレクター阿部伸吾氏を迎え、「Time Perception(時間知覚)」をキーワードに、20 周年を迎えた独自の機構「スプリングドライブ」の紡ぐ「移ろいゆく時と、その永続性」が静かに時を伝え、一人ひとりの、その人自身が抱く“時間”に寄り添います。

引用: http://designart.jp/designarttokyo2019/exhibitor/grandseiko/より



高級腕時計で有名なグランドセイコーは原宿駅前にある「jing」というイベントスペースにて展示されていました。
グランドセイコーのイメージ、青を綺麗に使った、静かで繊細なイメージを感じる作品でした。

暗幕で光が遮られてた会場には、天井まで高さのある大きなスクリーンに、プロジェクター2台で映像が映され、スクリーンの映像が黒く艶のある床面に鏡面反射しています。
スクリーンの手前にある円柱の台座に乗ったオブジェには、一つひとつにプロジェクターで変化のある光を当てていました。

表参道、渋谷、六本木、銀座などあらゆるエリアで開催

DESIGNARTは表参道・外苑前、原宿・明治神宮前、渋谷・恵比寿、代官山・中目黒、六本木、新宿、銀座とあらゆるエリアで開催されているので、見たい場所を決めてゆるく散歩しながら立ち寄れたら良いな、という感じがしました。また、今回ご紹介した展示形式のもの以外にも、従来からある建物そのものや、パーティーなどのイベント、作品の販売なども、こちらの企画に含まれるようです。
芸術の秋らしいイベントですね。

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作による広告デザイン。
うさぎやねこのキャラクターのLINEタンプも販売中。

HP : www.nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://store.line.me/stickershop/author/1662
オリジナルグッズ: https://www.pixiv.net/fanbox/creator/2065501/shop

=======================