Goma

アラキミカ、中村亮子からなる料理創作ユニット。 「食」をテーマに日常の楽しい事や嬉しい事を様々な形にして日々製造中。 ジャンルや物事にとらわれる事ない自由で新しい料理活動を目指し、フード提案から雑貨のデザイン、イラストまで全て自分たちでこなす。現在は、雑誌、単行本、webなど媒体での作品発表、雑貨デザイン、国内外でのもの作りワークショップ開催など多彩なフィールドで活動中。著書に『かんたん かわいい だいすきクッキング』シリーズ(あかね書房)、絵本『へんてこパンやさん』シリーズ(フレーベル館)など多数。

今からでも間に合うクリスマスケーキdeco

クリスマスケーキ、決まっていますか?

数年間、友人作家と一緒に作っていたコラボクリスマスケーキ。材料を用意したらあとは自由競技するのが楽しかった。

 

さて、もうすぐ2019のクリスマスです。

ここで質問。

今年のクリスマスケーキ、もう決まっていますか?

周知の通り、昨今のクリスマスケーキ事情はもうスンバラシイの一言。

デパート地下の有名パティシエたちの夢のような競演から、個人店のそれぞれ趣向を凝らした素敵なケーキもあり、近くのコンビニでも十分美味しそうなホールケーキが手に入るのだから、全く私たちは良い時代に生きている。

でも一方で、小さい頃家族で食べた町の小さなケーキ屋さんのかわいいクリスマスケーキや、家族みんなで一緒に作ったちょっと不恰好なケーキはまた違う美味しさがあったなー….なんて思ったりもする。

そこで、この恵まれたケーキ戦国時代にこそ、あえての手作りケーキをオススメしたい。

めんどくさいと思うかもしれないけど、やってみるとこれが結構楽しくてハマる(人は多い)。

「いやしかし、デコレーションなんてやったことないし!」

↑なんて方、デコは意外にとても簡単にできたりするんです。

キーワードはテーマがあること。理由は簡単で、テーマがあると描くイメージがはっきり決まるからです。

その1 サンタクロースモチーフ

クリスマスと言えば思い出したいモチーフNO.1。

デコに使ってるもの→いちご、マシュマロ、小枝(森永さん)、ミント、チョコペン

デコに使ってるもの→いちご、ミニマシュマロ、マーブルチョコ、トッポ、ラズベリー、ビスケット、カラーシュガー、チョコペン

 

デコ材料をそれぞれ書いてみましたが、わりと近所のスーパーで手に入りそうなものばかりでしょう?

苺だけじゃなくてお菓子を多用。だっていろんな形があるから。そして可愛いから。

並べるだけで楽しい感じにデコれるなんて、素晴らしすぎ、市販のお菓子。

さあ続きますよ。

その2 クリスマスツリーモチーフ

デコ材料→しみチョコ、ポッキー、チョコペン

 

こちらはファニー系の上3つに比べて少し抑えめデコ。緑系のお菓子を見つけた時にぜひトライしてもらいたいと思います。上の方の雪の結晶に見立てたものは白のチョコペンで作りました。

 

その3 クッキーを焼ける人は

 

こーんなろうそく型クッキーを作っておくと…….、

クッキーを刺す時に土台のケーキは、生地がしっかりしたパウンドケーキがオススメです。

 

こんな風にケーキに刺すだけでデコレーションケーキにもなっちゃいます。

写真はクリスマスケーキにはちょっと地味目なので、プラスで色々と盛って欲しいけど。

ちなみに土台作るのが面倒な人は市販のスポンジでも、バウムクーヘンでもよいですよ。

パティシエのようなケーキは無理でも、手作りケーキの良さはその楽しかった想い出を共有できることですから!

身近なものでデコれる簡単クリスマスケーキのアイデア、いくつかご紹介しましたが、

やっぱり面倒くさいなって方はかまわずケーキ屋へGO!

かくいうGomaも実は某クリスマスケーキを予約していますから…..それは大いにあり!(そそくさと退出)。