名久井 咲

1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。 主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、web制作、映像制作による広告デザイン。オリジナルキャラクター「さくらいろのうさぎ」を始めとしたLINEタンプも販売中。  ◆ HP:https://nakuisaki.info 

PCR検査キットと抗体・抗原検査キットを使ってみました

こんにちは、名久井咲です。
先日、初めてPCR検査キットと抗体・抗原検査キットを使ってみました。

プロジェクションマッピング等イベント関係の仕事をしているため、たまに現場仕事が入るのですが、今回はその現場入に向けて検査しました。

今回はどんな検査だったのかお話していきたいと思います。

薬局で買えるPCR検査キット

今回の検査は、薬局で買える検査キットを使用しました。
どちらも5,000円弱といったお値段です。取り扱い店舗はあまり多くないようで、入荷したときだけ、という薬局も多かったです。

都心から少し外れた辺りのほうが在庫はあるみたいですね。
抗体・抗原検査キットよりも、PCR検査キットの方が、比較的に取り扱い店舗は多かったです。

最短3時間と書いてあるのですが、福岡まで郵送なのがネックでした。
唾液をケースに入れて、バーコードのシールを貼り、郵送するだけなのでとても簡単です。
郵送方法だけ、郵便法に基づくので、取り扱い説明書の他に、Webサイトなどで随時確認してみてくださいね。

そして以下が「新型コロナウイルス抗体・抗原検査キット」です。

その場で結果がわかる新型コロナウイルス抗体・抗原検査キット

こちらは急遽仕事の現場入り前に使いました。
リトマス紙のように直様結果が出るので良かったです。
こちらも使い方は簡単で、検査液の入ったケースに唾液を混ぜて、Sと書かれた部分に垂らすだけです。

今回は陰性だったので問題はなかったのですが、もし無症状で周りに移してしまったらと思うと気が気でないので、簡易的とはいえ、こんなに手軽に検査ができるなら、定期的にしたほうが安心だなと思いました。

=======================
名久井 咲
1988年生まれ。東京を中心に活動するフリーランスデザイナー。
主な活動内容はプロジェクションマッピングやレーザーマッピングによる空間演出と、グラフィックデザイン、Web制作、映像制作。
ウサギやネコのほんわかとしたキャラクターのLINEタンプやグッズも販売。

プロジェクションマッピング : www.nakuisaki.info
LINEスタンプ : https://store.line.me/stickershop/author/1662
オリジナルグッズ: https://sakinakui.fanbox.cc/shop
=======================