• YUTAKA YANABU

    ◉柳父豊(ヤナブユタカ) 1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。2014年にお洒落賃貸不動産『R-STORE』や泊まれる本屋『BOOK AND BED Tokyo』などを手がける株式会社アールストアに入社。さらにその傍ら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー『ZIP CODE Tokyo』を共同代表として立ち上げる。2018年より『WASH&FOLD』を運営する株式会社アピッシュに入社し、現在は社長室室長として勤務する。 「これで良いではなく、これが良い」という審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」で、ファッション・インテリア・音楽をこよなく愛する。現代の紳士《モダンジェントルマン》になるべく紳士道を追求中。 ▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/

「土井縫工所」のオーダーメイドシャツ

先日、年に2回行われている阪急メンズ館での「土井縫工所」のオーダーメイドシャツの受注会に参加してきました。

ずっと気になっていた土井縫工所ですが普段は店舗などはなくネットのみ。
サイズ確認のサンプルなどを送ってくれるサービスはあったのですが、どうもそういうのが苦手で試したことがありませんでした。
その後、年に2回だけメーカーのスタッフさんが阪急メンズ館でオーダーメイドの受注会を行うと知り、先日念願の土井シャツデビューです!(実際はオーダーシャツは11月のデリバリーです)

 

▶︎「土井縫工所」とは?
1952年にドレスシャツ専業の縫製工場「土井縫工所」として大阪で創業。
以来約60年間、世界の一流ブランドのオーダーシャツや高級既製品シャツを変わることなく作ってきました。
元々が所謂「生産背景」側のためその技術の高さはかなりもの。
莫大なデータから作られた日本人に最適なパターンを使ったメイド・トゥ・メジャーのオーダーシャツが強みのブランドです。
店舗型経営ではないため、販売員の人件費などがかからないためモノに対してのコストパフォーマンスが抜群なのが嬉しいところ!
※メイド・トゥ・メジャーってなに?→https://brew-by.com/7745

▶︎阪急メンズ館でのオーダーシャツ受注会

このイベントでは最高級ラインのメイド・トゥ・メジャーのオーダーシャツを作れます。
特徴は直接メーカーのスタッフが来て採寸をしてくれるだけでなく、特別価格として3,000円オフで買えること。
阪急さんありがとうございます〜!(笑)
メーカースタッフさんによる採寸の安心感が抜群。
採寸もしてもらえて、安く買えるなんて最高じゃないですか?
今度から注文するときもその資料をもとにオーダーするだけ!
※普段はオフィスにアポをとれば採寸などして頂けるというお話でした!

創業者のお孫さんに当たる若大将・土井さん

オーダーの幅も本当に広いです

体型がやっぱり変わっていたので次回も参加したい

▶︎もちろんオーダーしました!
僕はシンプルな白のベーシックな生地でオーダーしました。
11月のデリバリーを待つのみ。
僕は体型的に既製服がかなり難しいので、オーダーシャツは仕上がりが楽しみです!

受注会で気づいたことはスタッフさんがとてもお洒落!
デニムにシャツとジャケット、足元は綺麗な革靴でしたが洒脱で洗練されたました。
スタッフさんの装いがお洒落なのは重要ですね。
この機会に是非みなさんもお試しされてはいかがでしょうか?
9月26日まで阪急メンズ館で開催しています。

=======================
◉柳父豊(ヤナブユタカ)
Tokyo Modern Gentleman.
「紳士の社交場」をコンセプトとした移動式バー「ZIP CODE Tokyo」共同代表。自身も”現代の紳士”を探求中。“これで良いではなく、これが良い“という審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」で、ファッション・音楽・インテリアをこよなく愛する。平成元年生まれ。
▶︎Instagram https://www.instagram.com/yutaka_eye/

◉ZIP CODE Tokyo
「紳士の社交場」をコンセプトとした移動式バー
▶︎Facebook https://www.facebook.com/zipcode.tokyo/
▶︎Instagram https://www.instagram.com/zipcode.tokyo/?hl=ja
=======================