シャワーを浴びる貯蔵タンク

タンクにシャワー?一体どういうことでしょうか?
火入れ後にタンクにシャワーを浴びせます。

火入れ?

日本酒に火を入れる?

火入れとはお酒を60~65度で加熱することです。

搾りたてのお酒の中には、まだ沢山の酵素が残っており、
そのまま貯蔵すると、酵素の働きで、お酒の風味が変化してしまいます。

火入れすることにより、酵素の働きを止め、お酒の品質の一定に保つことができます。
火入れは搾りたての荒々しい風味をまるくする効果のある大切な工程です。

火入れ後のお酒の温度は高いため、
貯蔵タンクに水を掛けます。タンクへのシャワーサービスです。

お酒を高い温度のままにしておくと、お酒の風味が変化してしまうので、
シャワーをかけて、なるべく早く冷却してあげます。

13-3q

タンクにシャワーをかけながら、同時にタンクに扇風機で風を当てることも効果的です。
その後「J23 KIKUSUI」は冷蔵庫に入れて、寝かせます。