• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

スーパーコンピュータ

だいたいいつもiPhoneの電卓を使っていたのだが、なかなか使いづらかったのでようやく電卓を買った。
電卓ほしいなぁと何年も思い続けて、なかなか買うのに踏み出せずにいたのだけど、Braunのディーターラムスの電卓が復刻されているのを知って、購入。
押している感覚があると、やっぱりけっこう違う。

そういえば昔の携帯はテンキーだった。
押している感覚があったので、なりほど〜 とか そいうう打ち間違いもあまりなかったような気がする。
高校生の時なんて、見なくてもボタンの位置がわかっていたから、学生服のズボンのポケットの中でメールも打てていた。

Shingo Kuronobraun