• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ファソラシドレミファソー

“赤い電車に乗っかって僕はどこかに行ってしまいたい”

“赤い電車に乗っかって夢を探しにゆくんだよ”

くるりの赤い電車を聞くたびに僕は京急ではなくて名鉄を思い出す。

名鉄というのは名古屋鉄道という愛知県を走る電車で、車体が赤い。
僕の地元はまぁまぁ田舎で、最寄りの駅も10年前くらいになくなった(パリから帰ってきたらあとかたもなくなっていた)くらいなので、30分に1本くらいしか通らない。

そんな感じだもんで、もちろん他の線は走っておらず、ある程度大きくなるまでは電車イコール赤だった。

最近の京急は赤と言っても赤いラインだけのものが多いので、全面的に赤い名鉄のほうが赤い電車という形容にふさわしいなぁと少し自慢に思っているし、おそらく愛知県の三河地方出身のひとの大半はくるりの赤い電車を聴きながら地元の電車に思い出を重ねていると思う。

ともあれ、僕たちは毎日赤い電車に乗り、学校に通い、時には映画館に行ったり、ワンマン運転の一番前のドアまで行き、定期券を車掌さんに見せていたり、同じ電車に乗っている隣の高校の女の子に恋をしたりなんかしていた。

Shingo KURONO

img_0195