• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

陣取り合戦

田園都市線の満員電車はなかなか満員電車感がある。
昔住んでいた池の上を通る井の頭線も終電の混みかたはすごかった。

ひさびさにドアが閉まる間際の満員電車に後ろ向きで体を押し込まれた。

それが日常になっていた頃はただの憂鬱な時間だった気がするけれどー自分の気持ちひとつで環境は結構変わるのだースマホをいじるひとの仕草や、電車のどの部分をどう使っていかに楽な姿勢でこの時間をやり過ごそうかというひと、窓に映る姿を見て前髪をなおすひと、いろんなひとがいて、アイデアの宝庫かもしれないと思う。

そのある意味戦場とも呼べる場所では、ドアの横の優先席の間のL字のスペース、降りる人たちの波に影響をうけず、自分が降りるときはさっと降りることができる場所を勝ち取った者が今回の満員電車では勝ちということになる(と僕はおもう。)

Shingo KURONO