• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

物語のあるもの

ユニクロがやっている松浦弥太郎さん監修のLife Wear Story 100という企画がいいなぁと思う。

何年か前にTHE HOTEL LINKSというプロジェクトを立ち上げて、現実なのかどうなのかよくわからない、けれどそのストーリーに登場するものはそこにある、というようなことをやろうと試みた。

面白いと言ってくれる人もいて、これはいいな、と調子にのっていたのだが、ストーリーを作るということはなかなかエネルギーがいるものだった。
続けるエネルギー。

ジブリの映画の中に出てくるお菓子、例えばラピュタパンとか、を食べよう!という企画はわかりやすくて、イメージしやすい。
そして、食べてみたくなる。

僕はそれとは逆説的なことをしようとしていたのだな、と思った。

LIFE STORYをみていて、なるほど、と思った。
世間との共通のイメージが持てる何か、例えば地名とか、そう言った共通認識が欠けていたし、(もちろん知名度も完全に足らないが)、ある一定の共有部分から物事をスタートさせようというアイデアが全くなかった。(そして写真の情報量はやっぱりすごい。)
そしてそこには圧倒的な文章力がまだ足らなかったのだなぁとペンをナメナメする日々であります。