• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

ガラスの怪物

心を動かされる、というよりも心にずしん、ずしんと熱量を放り込まれて、胃の上のあたりの容積が大きくなったような気がした。

地下の真っ暗闇は、完全な黒だった。
そこに響く音は、自分の体も反響の媒体になっているような気持ちになる。

「ガラスの怪物」見に行ってきました。
今日が最終日なのが悔やまれる。もう一度体験したいなぁ。