• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

すったもんだがありました

お願いされた以上、あぁでもないこうでもないとすったもんだがあって、
ある程度できてきたところで、本当にこれは正しいのか、という自問自答と客観的にこれが本屋に並んでいたらどうだ、などと色々考えて、
やっぱり違ったと思い、直して、また同じことを繰り返して、それでも、やっぱりこれが正解だ、うん。と思えた時にようやく見せられるものになるのだと思う。

それは作り手としての自分と、一消費者としての自分の感覚を磨いて行かないといけないし、
ちゃんとそれを信頼してもらえるようにならなくては。