柳父 豊/Yutaka Yanabu

家具・インテリア会社「Rigna」取締役社長 / 1989年⼤阪府⽣まれ。⽴命館⼤学の建築学科卒業後、内装系の⼤⼿上場企業に⼊社。不動産ベンチャーに転職後、会社員をしながら副業で”紳⼠の社交場”をコンセプトした移動式のミュージックバー「ZIPCODE Tokyo」を起業する。その後、ベンチャー企業で社⻑室室⻑として経営に携わる。2019年8⽉にリグナに社長室室長として⼊社し、2020年2月22日より現職。信念は”情熱と欲望と美学”。ファッション、インテリア、音楽、BARをこよなく愛する。Instagram @yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/

“経営者は嫌われるし孤独”

先日はスタッフと音で楽しく遊べて、家に帰るとスタッフからのコスメプレゼントでリラックス出来て、大好きなインテリアの話を共感して情報共有出来る仲間(スタッフ)達がいて、早朝に出社すると素敵なバカラのグラスのプレゼントと素敵なメッセージで幸せにしてくれるスタッフがいる。

わかってる。経営者は嫌われるし孤独なもの。その覚悟がなければダメだよと言われて多くの方々に育てて来ていただいた。

今はトップになり、そしてキツいタイミングの中なので少し言われる側はストレス事がある事を理解しつつ仕事として言動している。やるべきことを。

さらには家具業界もわからず、社長としてもまだまだ未熟で、なんなら人としてもまだ未熟者。好かれる必要はなく、信頼だけはされようと姿勢と結果に拘り働いている。

例えば冒頭の事が全て立場のお陰であっても、自分は前職の時からスタッフとバチバチ仕事でやる事があっても、信頼や尊敬や、時には愛すらも感じられてきた。社長になった今でも。

繰り返しだけど、立場もあるのでスタッフたちから愛されてるとかは全く思わないし(そりゃ社長には気を使うもんだし)それでも迎合せずに経営をしていて、孤独を感じず、尊敬と信頼を感じられて、楽しい時間や癒しの時間を頂き、時には愛も感じられる事にとても深い感謝を感じます。

スタッフがくださったBaccart(バカラ)の2020年グラス

喝采の意の「プラーヴァ」

2020年はバカラと日本が出会って100年目だそうです