• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

もじ

日によって筆跡が変わる。
朝文字を書いて、今日はいい感じだな、という日もあれば、今日はどれだけ書いてもうまく書けないなという日もある。

クレジットカードのサインが毎回違うのに、大丈夫かなぁと思う。

今日は少し重めのカランダッシュがいいという日もあれば、BICのボールペンの方がいい、シャープのがいい、トンボ鉛筆のがいい、HBがいい、Bがいい、いろいろある。

書道家のひとたちはもっと比べものにならないくらい、敏感に周りの温度とか、その日の筋肉の動きとかを感じているんだろう。

この間友達と、文字の話をしていて、「す」のはらいが大きめの字が好きだとか、「り」が逆八の字がいいとか、字が綺麗なだけで好きになりそうだとか、ノートの罫線を無視して書いちゃう感じがいいとか、そんな話をしていた。

ひとの書く文字をみる機会が少なくなったなぁ。

Shingo Kurono