• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

茶を喫する

東京に来てから、神保町という街がずっと気になっている。
たくさんの専門的な古本屋が立ち並ぶ街だ。

自分の住んでいる地域とは少し離れた場所にあり、いつか住んでみたい気もしているけれど、なかなか踏み出せない。
文学的な、昔の東京の文化みたいなものをそこに感じている。

その割にスポーツ用品店も多い。

そしてそこにはカレー屋さんも多くあり、本を読みながら食べるのに最も適した食事はカレーライスという理由にもなぜか惹かれる。
今日は打ち合わせで神保町に行き、カメラマンのマサさんのオススメのカレー屋、カリーハウス「エチオピア」(カリーハウスという言い方が実にうまそうだ)で、オススメの鶏と豆のカレーを食べ(辛さは3倍)、そのあとに喫茶店に行った。

神保町のカレー屋でランチをして、純喫茶でコーヒーを飲む、完璧な神保町での時間の使い方だ。
もう少し時間があれば、そのあとに古本屋を巡って、気に入った写真集を何冊か買い、もう一度喫茶店に戻りそれを眺める、ということもしたかった。

年季の入った純喫茶には、意外に僕たちのほかには大学生くらいの若い子ばかりだった。
曜日と時間の関係もあるだろうけど。

喫茶店、いいなぁ。

Shingo Kurono