柳父 豊/Yutaka Yanabu

1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。その後、お洒落賃貸不動産「R-STORE」で会社員として働きながら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として起業する。そして、日本初の洗濯代行ビジネスを行う「WASH&FOLD」にて社長室室長として全ての部署を横断的にマネジメントを経験する。現在は日本最大級の家具・インテリア ECサイト「Rigna(リグナ)を軸にアクセサリーショップ「BOX CHARM Industry」などを運営するリグナ株式会社に入社し社長室室長として従事する。 これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」。ファッション、インテリア、音楽をこよなく愛する。現代の紳士“モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。 【Instagram】@yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/

人生成功の方程式とは?

稲盛和夫さんが提唱した「人生方程式」

人生や仕事の結果が何によって決まるかご存知ですか?
京セラ創業者で日本を代表する経営者の「稲盛和夫」さんが提唱した「人生方程式」があります。
私もこの方程式を常に信じており、意識しております。
自分のマネージメントでも常にスタッフへも伝えております。
今回はその人生方程式について、ご紹介させてください。

画像出典: ウィキペディアより

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力


「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

人生の成功方程式ともいえる考え方です。

考え方は -100〜100 まであります。
つまり、この値がマイナスであればその後の変数がいくら良い数値でもマイナスになります。
熱意や能力があっても考え方が悪いと結果は良くなりません。

例えばIT能力が高く、お金を稼ぎたいという熱量があっても、考え方がマイナスであればハッカーになるかも知れません。詐欺も同じく熱意と能力をマイナスの考え方で使いますよね。企業経営者で言えば脱税やコンプライアンス違反などもありえます。まずは考え方が一番大事ですね。

そして熱意も三大要素の一つです。
この変数も非常に重要ですが、多くの方は3つ目の能力にばかり意識を持っていきます。
勿論、能力も非常に大切で必要不可欠です。
重要なのはこの3つの要素が全て必要だということです。

考え方をプラスで高めていき、熱意も高めて、そして能力も高める。
これが人生や仕事で結果を出すための方程式。
本当に重要な考え方ですね!