柳父 豊/Yutaka Yanabu

1989年大阪府生まれ。立命館大学の建築学科卒業後、内装系の上場企業で働く。その後、お洒落賃貸不動産「R-STORE」で会社員として働きながら複業で”紳士の社交場”をコンセプトとした移動式ミュージックバー「ZIP CODE Tokyo」を共同代表として起業する。そして、日本初の洗濯代行ビジネスを行う「WASH&FOLD」にて社長室室長として全ての部署を横断的にマネジメントを経験する。現在はインテリアショップ「Rigna」を軸にアクセサリーショップ「BOX CHARM Industry」などを運営するリグナ株式会社に入社し社長室室長として従事する。 これで良いではなく、これが良いという審美眼を日々磨いている。座右の銘は「情熱と欲望と美学」。ファッション、インテリア、音楽をこよなく愛する。現代の紳士“モダンジェントルマン”になるべく紳士道を追求中。 【Instagram】@yutaka_eye(https://www.instagram.com/yutaka_eye/

個人のバリュエーションという考え方

バリュエーションとは企業がM&Aをする時などに使う企業価値評価のこと。

今回は、個人でもバリュエーションを考えることはキャリア形成にとって非常に大事だというお話です。

価値はお金だけではない!

人は仕事や会社を選ぶ時に報酬・年収のみで考えがちです。それが自分の評価だと思ってしまう。しかし、実際は違うのです。

僕が今の会社を選んだ時に年収だけをみていたら選んでいなかったかも知れません。この手の話の時に社長への気持ちだけで入ったと伝えることも多いのですが、半分は事実で半分は嘘です。

僕は個人のバリュエーション自体は高いと思い入りました。そこに年収以外のバリューを感じたからです。それはとても大切な考え方です。

年収×仕事内容×ポジション×働く環境

例えば仕事内容もバリューです。仕事内容によって得られる経験や実績、身につく能力にもバリューがあります。将来の稼ぐ力は間違いなくバリューだと思いませんか?仕事を任せて頂けるというのも立派な評価ポイントですよね。

働く会社自体や役職もバリューです。素晴らしい、面白いと世の中的に思われている会社で役職に就くことは、社会的信用を得るバリューもあるし、将来を得るバリューもあります。将来とは会社の成長と自分の役職を考えた時の金銭的なバリュー(将来の年収)や株などによる金銭に準ずる資産価値のあるものありえます。

心に作用するバリューもあります。やりがいや幸福感、満足感などですね。これにもバリューがあると思います。仕事内容からもこれは得られますし、あとは働く環境を用意してくれることもバリューですよね。わかりやすいものでいうと、自分のために集中して仕事が出来るように個室を用意してくれるなどです。出勤義務を免除されるなども人によっては大きなバリューでしょう。

他にもバリューはあると思いますし、トータルでのバリューで考えるべきなのです。それが個人のバリュエーション。

個人のバリュエーションとしてどれぐらいの年収か以外にも、仕事内容による経験や身につく能力、会社自体や役職から得られる信用や実績、心理的に得られる価値などを掛け合わせて価値がどれぐらいの大きさなのかが大事なのです。

企業で働く時に年収だけでは決めないのは、しっかりとロジックとして、打算としてもアリなのです。キャッシュポイントを将来に置くことことでレバレッジをかけることも大切です。

まとめ

・個人のバリュエーションを考えることが大切。
・バリュエーションをお金だけで判断しない。
・年収、仕事内容、ポジション、働く環境などを総合的にみて自分がどういう価値評価をされているか考える。
#個人のバリュエーション
#年収 #仕事内容 #役職 #ポジション #時間
#能力 #知識 #経験 #信用 #人脈
#お金だけが価値じゃない
#どれぐらい成長出来るのか
#どれぐらいの経験を積めるのか
#どれぐらいの信用を積めるのか