柳父 豊/Yutaka Yanabu

家具・インテリア会社「Rigna」取締役社長 / 1989年⼤阪府⽣まれ。⽴命館⼤学の建築学科卒業後、内装系の⼤⼿上場企業に⼊社。不動産ベンチャーに転職後、会社員をしながら副業で”紳⼠の社交場”をコンセプトした移動式のミュージックバー「ZIPCODE Tokyo」を起業する。その後、ベンチャー企業で社⻑室室⻑として経営に携わる。2019年8⽉にリグナに社長室室長として⼊社し、2020年2月22日より現職。信念は”情熱と欲望と美学”。ファッション、インテリア、音楽、BARをこよなく愛する。

明けない夜はない。

今、自分にできることを。

会社が、日本が、世界が大変なことになっている。
コロナが猛威をふるい、人の命が多く奪われている。
人の命だけでなく、経済にも大きな打撃を与え、企業だけでなく、一国の経済すらも破壊されるのでは、と心配になる。

ネガティブなニュースはまだまだ続くだろう。
貴重な個人の命、会社の命、国単位の経済の命。
どれも守らなければ。

「いち経営者として出来ること」
などというと大袈裟かもしれないし、実際問題出来ることなんか知れているが、それでも何か行動せずにはいられない。

誰かに頼るのではなく、今自分にできることを考え、大切な人たちと立ち上がり、守りたい。

夜はずっとは続かない。

歴史をみても人類はどんな局面も乗り越えてきた。
永遠に続く夜はなく、必ず太陽はのぼる。

目の前は暗いかも知れないですし、きっと経営者なら本当に絶望感に悩んでいる人も多いと思います。
こんな時だからこそポジティブに知恵を出し合い、助け合い、利他の心を持って難局を一緒に乗りきましょう!