• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

清く正しく美しく

清澄白河の駅を出て、大通りを右に曲がると商店街に出る。
休日なので子供たちが走り周っていて、紙コップに入れた水をかけあったりしていた。
清澄白河。名前の通り清く澄んだ白い河がゆっくりと流れていくような時間の流れ方だなぁ、と思う。
商店街の途中にある焼き鳥屋は、道路に面したガラスケースからももとかささみとか、好きなものを選んで、隣の酒屋でビールを買って、店の前に並んだベンチで食べる。
いい感じだ。
現代美術館に行く時にはどちらかというと美術館後のこの焼き鳥を楽しみにしているような気もする。

焼き鳥屋に存在しない後ろ髪をぎゅうぎゅうひかれつつ、清澄白河に新しくオープンしたイベント/ギャラリースペースFleming houseの内覧会にお邪魔してきました。

http://fleminghouse.jp/

天井も高く、真っ白い空間は大判の作品を展示したら映えそうな空間だった。
個展します。そのうちに。

帰りに現在改装のため休館中の現代美術館を見に行った。
改装工事をしている最中もなにかしらインスタレーションが行われているかもしれない。
おおきな建物を布で包んでしまった、とか、何か改装に絡めて期間限定のアート作品として成り立っているのかもしれない。

たどり着くと、街の図書館のように、現在休館中の張り紙がしてあった。
そして夕日がきれいだった。

Shingo Kurono

fullsizerender