• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

テーポグラフィ

数年前に改装されてからの下北沢の駅はどこまでも潜っていきそうなほど深くなった。
改装前はほぼ閉まったままの踏切があったりしたものだから、いろんなことが大分スムーズに行くようになった。

そんな下北沢の駅の案内表示がいい。
黒い50mm幅のガムテープをうまく使って、文字を作っている。

駅員さんがやったことだとは思うが、素晴らしい凝り具合だ。
特に線の糸偏や、京のハネの部分なんかはよくぞここまでと唸ってしまいそうになる。
駅員さんに会ってみたいなぁ。

Shingo KURONO