• SHINGO KURONO

    1985年生まれ。2006年フランスへ渡りデザインを学ぶ。帰国後国内のデザイン事務所で経験を積み、2015年独立、デザインプロジェクト humar.(ユーモア) に参加。プロダクト、グラフィック、WEBデザインなどジャンルレスにデザイン活動をしている。作る側とそれを使う側の新しいコミュニケーションを模索するTHE HOTEL LINKSや、お茶ブランドTheThéを運営。 http://www.shingokurono.com http://humar.co http://www.thehotellinks.co http://the2.co

点と線

全ての点と点は一本の線で繋がっている。

と、スティーブが言っていたよと友人が言っていた。

全ての点は繋がっている。
でもきっとそれはおそらく自然に繋がっていくものだと思う。

点Aと点Tを無理矢理に捻じ曲げた線で繋げようとしたら、いままできれいに繋がっていた点Fと離れてしまうかもしれない。

繋がっていくのは、きっとなるべくして繋がっていく。タイミングや、それまでに辿ってきた点の条件が揃えば、いとも簡単に繋がっていくのだと思う。

僕たちという点はどこかでどのようにかして繋がっている。

Shingo KURONO