• YOSUKE KERA

    新潟県生まれ。文化服装学院通信教育でファッションデザイン画を習得。2002年、フランス・エスモードパリ校に入学。エスモードパリメンズ科卒業後、元DIOR HOMMEのデザイナー、ニコラ・アンドレア・タラリスに師事。2006年、日本へ帰国。企業でメンズのデザイナーを9年勤め、2014年に東京都が主催する「TOKYO STARTUP GATEWAY」のセミファイナリストに選出される。2015年、 「日本が誇る最高級のテキスタイルを世界へ。」をコンセプトに自身のメンズファッションブランド、TH_READ創設。

古着屋 SQUAT

GW前の金曜日に東京駅から仙台市へ。目的は古着のバイイング。サンプリングですね。サンプリングとはデザイナーがよくやってるいわゆる「買い物」です。服を買って研究してディテールや素材や付属などからインスピレーションを受けるという。ナイジェルケーボンやAPCのジャンは古着収集で有名ですが、最近ではエディスリマンもロスの古着屋でサンプリングしてます。その年代、その時の色、その当時のモノ作りなどサンプリングしてると服の仕事が楽しくなる。そんなサンプリングの旅。

仙台の古着屋REAL MONKEYさんを覗きに。さすがの物量とレイアウトデザイン。圧巻ですね。状態もいいものが多いです。

到着。仙台のSQUAT。本店は山形なのですが、仙台支店にもサンプリングに。ヨーロッパ古着専門なのでアメリカモノはほとんどなし。Levi’sもユーロモノばかりでセレクトが個人的にツボです。

仙台滞在時間2時間ほど。。。すぐにバスで山形へ。

こちらが本店山形SQUAT。圧巻の物量です。オーナーの小野さんが買い付けに行ってきたばかりなのでタイミングよく種類も豊富。モッズコートのライナーを探してたのだけど人気すぎて売り切れとのこと。。残念。

3時間以上も物色させてもらい大量にサンプリング後、小野さんとスナックへ。

スナックのママは東京からお客さんが来ると聞きつけて新潟弁で言う「のっぺ汁」山形弁で「芋煮」をスナックでご馳走になるという粋な計らい。山形は標高200Mの場所にあり、山菜が豊富なのでとにかくご飯がおいしい街です。

米沢の牛肉、山形の山菜、そしてSQUATで古着。こんなツアーもいいかも。

ヨーロッパ古着ならSQUATへ。

 

 

 

 

PINTEREST